賃貸住宅を選ぶ時には賃貸料が大きな影響を及ぼす


入居審査と賃貸料の関係について

賃貸住宅を選ぶ時には、審査に通る事を考えて物件選びをしていく事が必要です。基本的に、賃貸料が月収の3分の1以上の物件を選ぶと、入居審査に通らないことがあります。そこで、賃貸料が月収の3分の1未満の物件から住む所を決めるのが得策です。そうすると、入居審査に通りやすく無事に入居する事が可能です。入居審査に通らないと、賃貸物件に住む事が出来ないので自分の収入と比較して賃貸料が高すぎる物件を選ばないように注意します。

ただ、自分の収入が上がれば賃貸料が高い物件に住む事が出来ます。つまり、収入が少ない時は賃貸料が安い物件に住むようにして昇進や昇給して収入が増えた時に新しい賃貸住宅に引越しするのがおすすめです。

初期費用と賃貸料の関係

賃貸住宅に住む時には、入居する前に初期費用を支払う必要があります。初期費用の内訳は物件や不動産屋によって違いますが基本的に敷金と礼金が含まれます。敷金と礼金は、賃貸料と深く関係しており、敷金が3ヶ月分と記載されている場合だと敷金の総額は賃貸料の3カ月分となります。つまり、賃貸料が安ければそれだけ敷金や礼金が安くなる事が多く、賃貸料が高い場合は敷金や礼金が高くなります。しかし、賃貸料が安くても敷金や礼金が3ヶ月分と表記されている場合は、結果的に初期費用が高くなるので注意が必要です。

初期費用を抑えるためには、賃貸料が安く敷金や礼金が賃貸料の1ヶ月分の物件を見つける事が重要です。ただ、一番大事なのは自分が快適に住める物件を選ぶ事なので、賃貸料や初期費用だけで物件を決めないようにします。

札幌東区の賃貸は、一人暮らし向けのワンルームの物件を中心としてファミリーが住める物件まで幅広い内容になっています。