こんなにある!オール電化のメリット3選とは


オール電化は深夜帯の電気代が安い

マンションなどの賃貸住宅を利用する際、オール電化の物件が人気を博しています。このオール電化というのは、住まいのキッチンや給湯、空調などすべてを電気で賄うことです。電気代は時間帯によって料金が変わる仕組みで、一日の中で深夜は料金がかなり安く設定されています。したがって、深夜帯に電気を使うようにすることで電気代を節約できるメリットがあります。例えば、電気温水器で夜間にお湯を沸かしてタンクにためておけば、そのお湯を日中に使って電気代を抑えられるのです。また蓄熱暖房機を使うと、夜間に蓄熱をすることが可能で暖房費も安くなるということです。

オール電化は安全です

オール電化の物件は、すごく安全で安心して使えるというメリットがあります。ガスの場合、住まいに熱源を引くためにガス漏れや不完全燃焼による一酸化炭素中毒が起こるリスクがあります。しかし、オール電化は電気なので一切その心配がないのです。また、ガスコンロに代わって主にIHクッキングヒーターを使用できることも安全だといえます。IHクッキングヒーターは、ガスコンロと比べて火を全く使いません。よって、小さい子供でも危険なく調理を楽しめるというわけです。

震災時などでも安心です

日本は地震が多い国ですが、オール電化物件は震災時に電気温水器のタンク内に水をためることが可能です。つまり、水道が使えなくなっても生活用水として使用できるので安心といえます。その他にも、電気やガス、水道の中でも電気の復旧が最も早いとされているのもメリットといえるでしょう。

近くに空港があり交通アクセスが良い、内陸性の気候で暮らしやすい、観光地が多く街が活気に満ちているなど、千歳の賃貸にはメリットがたくさんあります。