家造りは土地探しと設計プランの同時進行がおすすめ!


土地と家の価格のバランスが大事

建売住宅の場合は、一般的に土地の価格が60~70%、建物の価格が30~40%の割合で構成されています。家を建てる時に土地を持っていない時には、土地を購入することから家造りはスタートします。希望するエリアが都市部などであれば価格が高くなり、立地条件によって価格の幅は大きいです。希望する立地条件だからといって高い土地を購入すると、建物にかける予算が少なくなってしまい理想の住まいと程遠い家を建てることになってしまうリスクがあります。総予算における土地と建物の価格のバランスをみながら土地を探しましょう。

設計プランと同時進行で土地を探す!

十分な自己資金がない場合は金融機関のローンを利用する方も多いのではないでしょうか。土地も含めてローンを組む場合は、土地の引き落としの前に住宅ローンの審査に通っていることが条件となっています。金融機関によって異なりますが、ローンの本審査の前に工事の請負契約書が必要なケースがあり、土地を購入する時点で、家を建てるのにかかる費用を算出していなければいけません。
スムーズにローンを組むためにも、土地を探しながら希望の設計プランを練っておくことをおすすめします。

土地を探すには不動産業者を利用する方法がありますが、売りたい土地と買いたい土地が一致するとは限りません。設計事務所や工務店などは家造りのプロとして、設計プランから土地探しまで行ってくれる業者があります。日当たりや交通アクセスなどの立地条件をみながら土地を探しつつ、家造りも並行して行うことが可能です。

3000万の家は、主に使用する木材や外壁、内装などのデザインを比較的自由に選択できるものが多く、住環境の良い一戸建てを希望する人に適しています。