賃貸マンション?アパート?一戸建て?それぞれの選び方のポイント


家族構成と環境を考えて選んでみよう!

賃貸住宅を選ぶポイントとして、家族構成から考えることは非常に重要です。まず人数で必要な間取りが変わってきます。例えば、新しく恋人と同棲を始めるのであれば、小さくても1LDKはあった方が良いでしょう。物が多い、一人になれる部屋が欲しいのであれば2LDKがおすすめです。二人とも働いているのであれば、お互いの勤務先も考慮した上で、立地もある程度こだわる必要があります。

家族で住む場合であれば人数分の部屋数があった方が良い上に、周囲の環境についても考慮することが必要です。学生の子供がいるのであれば、無理のない距離に学校があるか、バスや地下鉄等、公共交通機関が利用できるかも確認しておくと良いです。家族で済むと、どうしても騒音問題があるので、木造のアパートよりも防音対策がされているマンションや戸建てを選んだほうが良いでしょう。

家族構成から考える賃貸設備

家族で住む場合だと、それぞれ帰宅時間が異なることが予想されます。その場合、お風呂に追い炊き機能がついていると、家族皆であたたかいお風呂に入ることができます。また、脱衣所に扉がついている方が、個人のプライベートを守るためにも良いでしょう。他には家族に自転車を利用する人が居る場合は、駐輪場が完備されている物件を選ぶことも重要です。

自分達だけの主観で物件を選んでしまうと、後から他の家族から不満が出てくる場合があります。家族で住む場合は、たとえ相手が学生であっても、ある程度の希望は聞いてみることをおすすめします。意外と自分達だけでは気づかなかった部分で、良いなと思う設備が出てくることもあるかもしれません。

小樽は地域の殆どが観光地になっている街なので人の行き来が激しく、他の地域よりも地価が高い傾向があります。そのため、小樽の賃貸物件は築年数や間取りに関係無く家賃が高めに設定されているのが普通です。