家族の部屋をどうやって決める?部屋同士の行き来の方法も大事!!


共通部分と個人の部分を決める

注文住宅を建てるときには間取りを決める必要があり、その時に意識したいのが家族共通部分と個人の部分でしょう。共通の部分としてキッチンやリビングの他トイレやバスなどの水回りも該当します。一方個人の部分は子供部屋や大人の寝室、書斎などが挙げられるかもしれません。共通の部分は大人が中心になりつつ子供の意見も聞いて決めていく必要があります。個人の部分はそれぞれの希望をできるだけ取り入れますが、子供部屋などは大人も適度に意見を入れながら決めた方がいいでしょう。子供は成長するにつれて希望が変わる可能性があり、低年齢の時の希望を聞きすぎると将来使いにくくなる可能性があるためです。家族全員の意見をまとめるのは大変ですが、できるだけ我慢する部分がないよう間取りを決めるようにしましょう。

部屋の間の移動をどうするか

注文住宅の間取りを決めるときは、完成後に住んでいる様子を想像しないといけません。まずは理想や希望を挙げ、それらを盛り込んで造った時に住みやすいかどうかを考えます。各部屋の位置が決まるとそれぞれの部屋をどうやって行き来するかも考えた方がいいでしょう。隣同士にある部屋なら間に扉をつけて簡単に行き来できるようにするとか、一旦廊下に出てからでないと互いの部屋に行けない造りもあります。子供同士の部屋であれば扉で行き来できる方が良さそうで、将来的に壁をつけたり外したりができる仕組みにしても良いでしょう。一方夫婦の部屋と子供の部屋は廊下に出ないといけない仕組みの方が生活しやすくなります。リビングやキッチン、お風呂場の位置も移動のしやすさを考えて決めなければいけません。

神奈川の注文住宅を建てる方は、奥さんを大切にする方かもしれません。そこで奥さんが料理をしやすいこだわりのキッチンを作りましょう。