注文住宅のマイホームは今が買い時?低金利と低コスト時代の現況


注文住宅の住宅ローンの金利から買い時を考える

自分の家を持ちたいけれど、誰もが長期間これからローンを組むことになるので、注文住宅の購入に踏み切るのは時間がかかりますよね。買い時がいつかという見極めも難しいと感じる人も少なくないでしょう。近年では、住宅ローンの金利が低い状況が続いていて、マイホームを手に入れるのに有利になっています。1980年代では、5%や8%を超える住宅ローンの金利であったものが、90年代後半には2.5%ほどに金利が落ち着きました。近年では、返済タイプや金融機関によりますが、1%未満から3%台となっています。昔に比べるとはるかに金利は低く、以前のような高い金利のレベルにすぐ上がるというのは考えにくいため、まだこれからも低金利時代が続くといわれており、まだまだ買い時といえるでしょう。

昔よりも購入しやすくなった注文住宅

20代、30代になると周りにマイホームを持ち始める人が増えてきて、自分も欲しいなと思うこともありますよね。現在は、低金利で低コストの時代といわれていて、昔よりもマイホームが手に入りやすくなっているため、高額な買い物で夢のまた夢と思われがちだった家の購入を決断する人も多くなっています。低コストの家といっても品質が劣るわけではありません。建築技術全体が以前よりも発達しているおかげで、昔と同じ材料や建て方であっても費用を安く抑えることができるのです。低コストの注文住宅であっても、品質の高いマイホームが建てられるというわけになります。注文住宅の場合は、狭い土地を利用して快適な空間の住まいを造りあげることもできるため、1000万円台からの更にローコストなマイホームを手に入れることも可能です。

名古屋の注文住宅では、外国の住まいのデザインや素材を使った家を依頼することができます。日本風以外の雰囲気が実現するのです。